日々のできごと
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悩めるハハ
2008年10月15日 (水) | 編集 |
自分の事ならば判断に苦しむことはあまりない
たいていパパッと決断するタイプ
たぶん優柔不断ではないと自分では思っている。

でも…
子どもの事となると時々ダメになる。
今はそんな袋小路に迷い込んだ状態です。
考えても考えてもわからない。

問題なのは次男の歯です
健康な歯を何本か抜いて矯正するか
あるいは抜かないで矯正するか
ネットで調べてもこればかりはケースバイケースなので答えは出ない。
そして調べれば調べるほど両方のメリットデメリットを知ることとなり
ますますわけわかんなくなる始末

指しゃぶり爪かみが原因なのか
父親ゆずりの細い顎が原因なのか
歯並びが悪くて出っ歯なのですが
それがどんどん悪化
今ではイヤミの前歯みたいになってます。

矯正した方がいいとは思っていたのですが
本人は乗り気でなく部活で時間もとれない
で、先送りにしてました。

最初に歯をどうにかしないといけないんじゃないかと
言ってきたのは連れ合いの方のおばあちゃんと
私の方のおじいちゃん。
久しぶりに会った孫のひどい歯並びにびっくりしたようです。
私は毎日顔を見ているので見慣れてしまって
それほど悪化しているとは思ってなかったけど
そう言われれば確かにひどくなっている。
でも本人は装置をつけるのに抵抗があるみたいでした。
外見にナーバスなお年頃の男子をむりやり矯正することはできない。

あるときテレビで「ビューティコロシアム」を見ていた。
歯並びを治しただけで容貌が激変するけれど
たいていの場合とても手間がかかっている。
「あんたも今ならまだこの人たちより
ラクに治療できるかもしれない」
とゴハンを食べながら一緒に見ていた次男に言うと
「そうだね」といつもとは違う感触の答え
「大学が決まったら矯正してみる?」と聞くと
「う~んどうしよっかな」
でも前みたいに絶対ヤダとは言わない。
そんなふうなやりとりが何度かあった後で
進学先が何とか決まり通学途中に立ち寄れる場所の
矯正歯科に行ってみることになったわけです。







一軒目:そこは知り合いのお嬢さんが通っているところ。
抜歯しない治療法推奨の矯正歯科
かなり難しいケースだけど抜かないで治療できる
期間は長くかかってしまうだろうという事でした。
歯並びの写真を撮っていただいのですが
改めて見ると確かにひどい歯並び
もう少し早かったらここまでにはなってなかったと思う
このまま放っておけば進行して物が噛めなくなるかもしれない
というのが歯医者さんの見解。
次男もこれはヤバイと思い知らされたみたいです。
すでに前歯では噛めないんだものね…
相談は無料

学者タイプの先生でとてもいい感じ
次男は「数学の先生に似てる」と言っていた^^

二軒目:一軒目よりは家に近い場所にある矯正歯科
診療台が一台しかない…
口のなかをざっと見て
普通の歯医者さんは下も抜くけどウチは抜かないで上二本抜いてできる
立て板に水のごとくPCの画面を操作しながら説明する。
今からでも検査できますけどどうですかと聞かれる。
検査料は三万五千円
う~ん、これだけの説明でこの金額は払えない
また予約しますと言って帰る。
悪い人ではなさそうだけどこちらから聞かないと
料金システムのことを説明しないのはミスではないのかな
最初に払うまとまった金額が安いのも気になる
長引くと歯医者さんが損になるのでは?
次男のように難しいケースを慌ただしく仕上げていただいても困る。
転んで前歯が折れちゃうかもしれないから気をつけてと言われた。
確かに…

この時点でもう一度、抜いて矯正する場合のデメリット
抜かないで矯正する場合のデメリットを整理してみる。
でもわけわかんない。

もともと顎が小さいのだから抜かないできれいにしても
やっぱり口元は若干突出するかもしれない。
時間がたってまたガタガタになったら…
でも健康な歯を抜くのは抵抗がある。
親知らずを4本抜いてさらに上2本下2本抜いたら
合計8本抜くことになってしまう。
抜いた歯はもう二度と元に戻らないと考えると…

そういえばウチには次男と同じ骨格の人がいた。
ダンナさんは一度も歯医者に行ったことがない。
親知らずまでばっちり生えているけど
顎が細くて次男ほどではないけれどガタガタの歯並び^^;
前歯はちょっと出っ歯。
よく見るとやっぱり口元は少し突き出ている。
意識して口を閉じるようにしているそうです。
そっか~やっぱりこの骨格に歯はおさまらないのね。
抜歯もしかたないかな。

三軒目:デンターネットで評判がいいところ
夜8時までやっている曜日があると助かります。
各週で日曜日も営業している。
併設で一般歯科があるところも好ましい。
矯正歯科ではふつうの虫歯治療はやってくれない。
抜歯も行きつけの歯医者さんでやってもらうことになる。
次男の場合は一般歯科もどこか探さなければいけないわけです。
聞けばどこか紹介してくれるのだろうけど。

予約してある時間になっても呼ばれない。
前の人がこと細かく質問している様子が
ドア越しに何となく窺える。
先生はそれに丁寧に答えている。
「声がムトー先生に似ているね」と次男に言うと
「オレもそう思った」
ムトー先生とはいつもお世話になっている歯医者さん
スポーツマンタイプでてきぱきしている。

実際に面と向かって話していてもやっぱり雰囲気が似ている。
自信家っぽいというかはっきりしてるというか
口の中を見て写真を撮り
難しいケースだけど珍しいわけではない
たぶん上2本抜けばだいじょうぶだと思うけど
検査をしなければはっきりとは言えない。
この時期は受験のはずだけどどうなのか
大学に行っても通えるのかと質問されていた。
今から始めれば就活の時期までになんとかなるかもしれない

細かいところまでよく気が回るし
きちんと次男を見て説明してくれる姿勢は好感が持てます。
で、検査の予約をとって帰ってきました。
診療方法を聞いてから判断していただいて結構ですと
言われたのでそれだったら一回きちんと検査した方がいいかなと
思ったので。

「歯抜くのこえぇなー」
と本人は言っている。
そうだよね、抜かなくてすむならその方がいいよね。
でもな~
とまだまだ迷える子羊なのでありました。

説明聞いてやっぱり抜くのはイヤだと本人が言ったら
抜かない歯医者さんにもう一度行ってみようかな。
ああ~めんどくさい

私は歯医者さんがだいっきらい
息子の付き添いだけなのに
お腹が痛くなっちゃうんですけど

すごい前歯の画像
危険ですよ

*
*
*
*
*

951543953_184s.jpg



コメント
この記事へのコメント
私も歯医者苦手
だいっ嫌いって言ったほうがいいかも。
だから、息子達が夫似の虫歯知らずなのは幸せでした。

でもやはり子供の歯は親の責任って言うし
何とかしてあげたいですね。
うちの妹の子供も2人とも矯正しています。
小さい頃から始めたので、抜かなくて済んでいますが
やはり年単位に時間もかかりますし、それ相応のお金も
かかっているみたいです。

今はあごの細い子が増えて、矯正が必要な子が多いそうです。

ちなみにウチは虫歯知らずだけど、歯周病にかかりやすく
長男は夏休みに帰省すると歯石取りに通います(^_^;)
歯は大切ですね。
お母さん、しばらく一緒に悩んであげて下さい(^^ゞ
2008/10/16(木) 11:07:46 | URL | ayaka #VEIOABK.[ 編集]
悩むのって疲れる(_ _。)
虫歯知らずなんてうらやましいです!
私は幼稚園の頃から歯医者通いだし
私の母は40歳で総入れ歯という恐ろしい家系なのです。
そうなんですよね。ここまで放置したのは申し訳なかったかなと
思ったりします。でもネガティブ街道まっしぐらの次男は
ちょっとからかわれただけでも落ちこむタイプだったので
躊躇してしまいました。(今は少しは強くなりましたけど)
妹さんのところみたいに小さい頃から始めた方が
資金面でも治療にかかる時間でも有利ですよね。

はうう~まだまだ悩みそうですわ。
そしてどういうわけか私の歯まで痛み出して
踏んだり蹴ったりで気分はサイテー【T__T】
コメントありがとうございました。

2008/10/16(木) 19:30:41 | URL | miyuco #ubwH2qN2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。