日々のできごと
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院前のいろいろ
2008年07月25日 (金) | 編集 |
きのうは父と二人で検査のために病院へ
父とは穏やかな関係なのですが
母とはいろいろあります^^;

きのうのイライラポイント
何日か前のこと、父をタクシーにのせるまでがたいへんだから
救急車で病院まで運んでもらうとバカなことを言うおかーちゃん。
受診するだけなのに。
父は立ったり座ったりするときには支えが必要だけど
ゆっくり歩けるし本人もタクシーくらい乗れると言う。
たしなめても母が何度も繰り返すので
弟が手配して介護タクシーを頼むことにした。
当然のごとく割高になる。
タクシーだったら二千円ちょっとなのに倍額になると
母にはきちんと説明してあった。それなのに…
片道五千円もかかった。
ちょっと車椅子にのせて貰うだけなのにそれだけで千五百円もかかる。
と言い始める。
最初から高くつくと言ったでしょ、と私が言っても
ぐちぐちぐちぐち
「とーちゃんも私たちもタクシーでだいじょうぶだって言ったのに
ゼッタイにムリ、誰かに車まで運んで貰わなくちゃムリと言ったのは
誰なのよ!!!!!」
とついに私は怒鳴ってしまいましたわ(=`´=)


そしてもう一回イライラ
ダンナからケータイに電話があった
中学時代の恩師が亡くなったので喪服を用意してほしい
という連絡だったのですが、
義母に何かあったのかと一瞬ヒヤッとしてしまった。
義兄の海外出張へ妻子も便乗してでかけ(夏休みだし)
今は、義母がひとりで留守番している。
仕事が終わったらダンナさんがそちらの家に帰るけれど
日中は義母ひとり。
そんな事情は私の親には言いたくない。
向こうの家に何かあったのかとドキッとしたと何気なく言ったところ
「あっちにはお兄さんもお嫁さんもいるじゃないか
こっちにはM(miyuco)ひとりなんだから」
頼りになるのは私ひとりだと言いたいらしい。
なにこの押しつけ感(=`´=)
「ここだって長男と次女が一緒に住んでるでしょ
私はもう家族じゃないんだよ!
こっちにはこっちの事情があるのに
余計な事言わないで!!!!!」
…暑い中病院から帰ってきて書類を整理して親に念押ししたり
署名したり細かい作業をしているのに
無駄話ばかりする母にいいかげんイライラしていたのでした。
前夜はあいかわらずの熱帯夜で眠れなかったし。

入院に必要なもののチェックにも気を遣う。
ここでA型気質が出てしまうのでした。
大きな文字で必要なものを書き出して母に渡し
細々したものを100円ショップで買ってきてもらう。

母は80歳にして100円ショップ初体験^^
病院から帰ると買い物は完璧だった。
入れ歯ケースまで売っていたと聞いてびっくり。
メモを手にうろうろして、でもわかんなくて
店員さんに聞いたら全部そろえてくれたそうです。
ああ何てありがたいのでしょう。
母も喜んでいました。
安いし^^;

80歳になるまで入院準備の経験がない人は
あまりいないのではないのかな。
夫婦、子どもたちも大きな病気をしたことがない。
それはとても幸運だったのだと改めて思いました。
感謝しなければいけない。

病院に出かける前に父の支度を手伝う。
母が手伝うと何だか揉めていることが多い^^;
でも日常の事は母が担当した方がいいから
いつもは見ているだけだったけれど
今回は時間がなかったので私が手を出しました。
パジャマを脱がせ下着を着替えさせ
ズボンとくつしたをはかせてシャツを着せボタンをとめる。
あっという間だな、早いと母が感嘆する。
これは言うこと聞かない小さい男の子を着替えさせていた
子育ての経験がものをいったわけです。
父も私相手だとちょっとガマンするしね。

診察が終わり精算も済み帰ろうとすると
父が売店に行きたいという。
カステラを買ってくれという。
かーちゃんに頼むと安いカステラしか買ってこないから
イヤなんだ、だって^^
そうなんです。ウチの母は食べ物にお金をかけるのを嫌う。
割高でもおいしいものが食べたいという気にはならないらしい。
「長崎」って書いてあるカステラが食べたいという
病人のささやかな贅沢(贅沢ともいえないけど)くらい
叶えてあげてもいいのに、まったくもう。

帰りのタクシーでも父はよくしゃべっている。
いつも曲がる道を曲がっていないとふと父が気づく。
(私は道がまったくわからない)
運転手さんに尋ねるとどうも道を知らないらしい。
大回りして帰りましたorz
でもメーターより安くしてくれた。

病院から帰ってきていろいろやっていたらもう六時過ぎ。
帰る前に預かったお金を精算する。
○万円だけ返してくれればいいと言うので
留守番している息子たちにいくらか渡すことにする。

わんこはクーラーがとまったら熱中症になってしまうかもしれない。
それが心配でたまらない。
息子たちが家にいると安心できます。
わんこを嫌っていて世話はしてくれないけれど
クーラーの管理くらいはやってくれるから。
我が家のエアコンはもう12年も使用しているので
突然不調になったらどうしようと不安なのです。

息子たちは母がいない生活を楽しんでる様子。
PCの前から動かない次男、自分のPCを持ってきて
リビングで次男としゃべりながら勉強する長男。
うるさそう(_ _。)



コメント
この記事へのコメント
ファイト o(^o^)o
お母様お元気でいらっしゃるのね(笑)
ウチは家族関係でいろいろありすぎて、
喧嘩出来なくなっている所があります。
だからヤッパリ不謹慎だけどちょっと羨ましい。

でもテキパキと動いているmiyucoさんが想像できて
たぶん、これはこれで張りのある生活って事なんでは?
頑張って下さいe-271

私も入院中の一番の心配はニャンコ(笑)
夫や息子達がちゃんと世話してくれるかホント心配e-263
2008/07/26(土) 11:50:31 | URL | ayaka #VEIOABK.[ 編集]
ありがとうございます
こんな愚痴話を読んでくださって
ありがとうございます。
高齢の母に大声をあげるなんて
人間ができてない証拠で恥ずかしい限りです^^;

今日も母から電話があり
「手術のことを考えるとこわくって」
と不安そうでした。
私は実家を離れて自宅に戻れば
気分転換になりますが母はそうはいかない。
一緒に暮らしている弟たちに比べると
私の方がラクなのかもしれないと思います。

ニャンコちゃんが心配な気持ち
よくわかりますe-251
2008/07/26(土) 22:14:13 | URL | miyuco #ubwH2qN2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。