日々のできごと
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(11) サービス会議
2015年10月11日 (日) | 編集 |
さてさて、サービス会議のはじまりはじまり。

介護タクシーを頼むこともできたけれど
母はお気に入りの次男坊の車にのりたいとおねだり。


服装の指定は何年か前の母の日に妹にプレゼントされた
サマーセーターとカーデガンのセット。
ズボンは私がしまむら安心価格でゲットしたもの。
(腰がまがってしまったので手持ちのものは裾を引きずって危ない)
足がむくんでくつがはけないかもしれないと心配したけど
どうにかだいじょうぶでした。

家につくとまずは玄関の段差と上り框の高さに苦戦する母。
家の中は以前父が外科手術をしたときに
介護保険を使ってつけたてすりがトイレや浴室や
いたるところにあるのでとくに問題なく移動できる。
玄関ポーチにてすりを設置することに決定。

会議の前に建築業者に知っているところがあったら
そこに頼むことができますと言われて
母にいつもお願いしている業者さんを教えてもらう。
来てくれた方は顔見知りだったようです。

あとは介護保険を使ったサービスの話。
退院後はどのように過ごすか。
母はデイサービスを断固拒否。
「あんなところ」なんて言ってる。
私はデイサービスに行ってそこで入浴もお願いしたい。
でも断固拒否。
では、訪問入浴だけお願いしましょう。

ケアマネさんはこのときがはじめまして。
いっこく堂っぽいお顔で
話し方がちょっとオネエはいってる男性は
母のようにデイサービスに拒否反応を起こす高齢者に
慣れているのでしょう、なんだかんだ言って
週に一回、午前中だけ通うということで
母をなんとなく丸め込んで説得してくれました。
「わかった。そこまで言うんだったら行くよ。」
器械を使ったリハビリみたいなトレーニングということで
話をすすめてくださいました。

そして母はまた病院へと逆戻り。
お疲れさまでした。

私も疲れ果てて自宅にもどってパタリ・・・
なかなか夕飯の用意をする気になれなかった。
ダンナとふたりだからいつもテキトーだけど。

サービス会議の席で退院日が決まりました。
大安吉日の火曜日。
それまでに準備を整えなくては。
ベッドもなければリビングの椅子もない。

それからは契約書の山との格闘。
役所に申請するのだからしかたないこと。
税金から補助をいただくのだから。
ふだん電話回線など使わない私のスマホが
ひんぱんに鳴るようになりました。

あと二週間ほどで退院という時期に
順調だった母の足腰に問題が発生。
朝、起きてすぐは、まったく足が動かない。
しばらくすると動くけれど
長い睡眠のあとは歩くことができない。
朝はトイレまでいくことができない。
そこで急きょポータブルトイレを購入することに。
一割負担ですむことがありがたい。
そしてまた提出書類への署名。

やることはやった。

お世話になった方へのお礼がどうとか言ってたけど
そこまでは面倒みきれない。
妹や弟たちに頼んでください。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。