日々のできごと
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(4) ICUでの母
2015年08月08日 (土) | 編集 |
面会できるということで母のもとへ。

口のなかにホースのような管が入って
舌がべろんと出ている状態。(麻酔がきいてるから)
一目で異常事態だとわかる。胸が痛くなる・・・

「○○さん!○○さん!ご家族の方がみえてますよ!」
と男性看護師さんが母の肩を揺すると
母が少しだけ目をあけた!




私が駆け寄り「お母ちゃん、みんないるよ!」と声をかける。
下の弟も「おかあ!だいじょぶか?!」
(一番上の私と末っ子の弟は声がでかい)
「痛い?!」と聞くと顔をしかめる。
「傷が痛いの?」と聞くと首を少し振る。
「じゃあ喉が痛いの?」
今度は顔をしかめてうなづく。

やりとりを見ていた看護師さんが
痛みどめを点滴しましょうと言ってくれる。

よかった。言ってることがわかる。
べろんと出ていた舌も徐々に口のなかにおさまってくる。
少し安心した。
それにしても口の中に入れた管は痛々しい・・・

あんまり長居してはいけないから退出することにする。
しかし上の弟は残ると言う。
「帰れと言われるまでここにいる」

あとは母の生命力に賭けるしかない。

家に帰りぐったりしながらも夕飯の準備をしていると
妹からメールが届く。
ICUに残った弟から電話で
夜・七時半ごろに酸素マスクに替わった。
これで感染症のリスクは低下したけれど今度は痰が心配だと
言われたということです。

よかった!
管が酸素マスクに替わっただけでもラクになるはず。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。