FC2ブログ
日々のできごと
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水回り
2012年04月27日 (金) | 編集 |
築15年の我が家。
水回りに支障が出てきた。
最初に水回りがダメになるって本当だったのね。

一年前、ウォシュレットから水漏れ。
(ダンナさんががんばって新しい便座に取り替える)
半年前、お風呂の「全自動」が使えなくなる。
(エコジョーズに取替え、25万円の出費)
同じ頃、蛇口から水がポタポタしたたってくる。
付け根の部分が水浸し。
(ホームセンターにて格安の混合栓を購入)
そして一週間ほど前、台所の排水が悪くなるという
面倒な事態が発生。

排水口からまったく水がひかないわけではなく
鍋などを洗うときに大量の水を一気に流すと
のみこむのに時間がかかる感じ。

ダンナは設備関係の仕事をしているので
対処の方法をそれなりに知っている。
まずはラバーキャップ、スポンスポンとやってみる。
つぎに市販の薬剤をいれてみる。
変化なし。
業務用の薬剤なら何とかなるかもしれない
ということでネットで購入し試みるもダメ。
懲りずにラバーキャップで何度もスッポンスッポンやってると
ズボッと変な音がして、うまくいったかもと
一瞬喜んだのもつかのま、シンク下から水があふれてくる。
あ~あ、やっちゃった。

床下収納庫をはずしてみると水浸しだった。
大量の水。
たぶんしばらく前からあふれてたんだわorz

こうなったら素人には手が出せない。
業者さんに電話することに。
しかしやっぱり当日には来てもらえない。

以下、覚え書きです。
(なんでもかんでもすぐ忘れちゃう悲しいお年頃なので)
少し前に排水の調子が悪くなってから
ク〇〇アンのような業者さんをネットで調べて
事前見積もりをメールで確認できるところに
お願いしようと考えて
番号を控えていたところへ電話してみる。

受付のお姉さんに住所と電話番号を聞かれ
「折り返し技術のほうから電話します」
しばらくすると男性から電話がありダンナが状況を説明する。
明日伺いますとのこと。時間は未定。
金額は8500円~

翌日朝七時半に電話あり。
「九時から十時頃に伺います」
やってきたのは人当たりのいいぽっちゃりめのお兄さんと
研修中と書かれた名札をつけたお兄さんのふたり。
状況を検分してから圧をかけるのと薬剤を使ってみます。
この作業だと25000円になりますがどうしますか?
・・・お願いするしかないです・・・

二階で洗濯物を干して、降りてきたら
もう詰りは直っていた。
やっぱりプロだわよね~
水を流しつづけて確認作業をしている様子。

家の周りにある小さなマンホールのふたをあけて
水が流れているのを確認してくださいと言われる。
うんうん、確かに流れてる!よかった!
これで作業完了。

業者さんと外にいると、隣のおばあちゃんが近づいてくる。
「あのね、うちの水道の蛇口からポタポタ水が落ちてくるの
次にみてもらえないかな?」
いきなりのオーダー。
しかしお兄さんは快く了承。「終わったら伺います」


そっか~それじゃあ、うちも追加オーダーしてみようかな。
感じ悪い人だったら頼む気になんかならないけど
研修中の人に教える口調も丁寧で物腰もやわらかく
好感がもてる方なのでちょっと安心したわけで。


半年前に取り替えたばかりの混合栓から
また水がしみでているのを見てもらえないかと聞いてみると
「実は私も気になってました」とお兄さん。
蛇口のなかを見てみると水がたまっていた。
これはあってはいけないことなので、
内部のどこか破損しているのではないかという見立てでした。
同じタイプのものが車にありますけれど
と兄ちゃんは商売上手。

[安物買いの銭失い]
って言葉が頭のなかをぐーるぐる。
しかたないので交換してもらうことに。
定価の混合栓はお高いけれどもういいや。
(だんだんメンドクサクなってる^^;)

こうして二時間半で作業完了。
ありがとうございました。

鍋を洗ってもシンクに水があふれず、
スムーズに流れるってサイコー!
(あたりまえのことですが)

突然の出費はものすごく痛かったけどね
(;へ:)

隣のおばあちゃんは、台所のポタポタ音がずっと気になっていて
いつか電話しようと水道屋さんのチラシをとっておいたけれど
億劫でいつかいつかのままにしていたところ
二階のベランダで洗濯物を干していて下を見たら
水道屋さんの車(派手にペイントされている)が止まっていて
ウチの家の周りを作業着の人が見てまわっていたので
よし、今日は一日家にいる予定だから
次に見てもらえるか聞いてみようと思ったんだそうです。

結局、お隣さんも水道栓を取り替えたみたい。
15年ものだから仕方ないのだろうけど
緊急対応の水道屋さんは高かったかもしれない。
他に頼んだらもう少し安かったかも。
なんだか申し訳ないですと言ったら、
いい機会だったからこっちもよかったのよ
と言っていただけてホッとしました。

嫁さんは放っておいて知らん顔だけど
ポタポタする音が気にならないなんて信じられない!
(`^´)
と姑さんは少しご立腹の様子だったので
確執の原因がひとつ取り除かれてよかったのかな。
(と勝手に思っておこう)

〇〇水道センターというところに電話したのに
水道〇honnpoという業者さんがきたのは謎。
「〇〇水道センターの△△といいます」
と名乗ったのに領収書は水道〇honnpoになってるし。
よくわかんない世界でございます。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。