日々のできごと
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四人部屋に移動
2011年11月26日 (土) | 編集 |
手術から11日が経過した時点で
義母は脳卒中センターの四人部屋に移動しました。

部屋が変わってから初めてのお見舞い。
兄嫁のNさんに話を聞くと
まだ管はつながったままだそうです。
それでもくつをはき、車いすに乗って
リハビリを始めているということです。

・・・そうなんだ・・・
管が外れたから四人部屋に移ったんだと思ってた。

義母は廊下側のベッドにいました。
何年か前に我が家に遊びにきたときに
わんこを抱いて撮った写真を持っていき
エルだよ。またエルちゃんに会いに来てね。
と言うと「エルちゃん」と言ったのがわかります。
(声を発することはできないけど)

もう片方の廊下側のベッドにいるのは若いかたで
看護師さんに手伝ってもらって車いすにうつり
部屋に備え付けてあるトイレに行けるようです。
となりのベッドの方は面会にきている人と
とてもよく話をしています。

しかし母はナースコールを押すことができない。
声を発することもできない。
自分でなにか異変を感じてもうったえることができない。
だいじょうぶなのかとちょっと不安。

こほんと一回せきばらいをしました。
痰がでたら飲み込むことができるのかしらと
様子を見ていたら、口をしばらくもぐもぐしていた。
苦しそうな顔つきではなかったからだいじょうぶなのでしょうけれど
心配になりました。

病院を出てからダンナさんとその話をしたら
やっぱり同じことを考えていた。
「もう何が起こってもしかたないと思ってるけど
とにかく苦しむことだけはないようにしてほしい」

私たちには病院を信頼することしかできません。

いまの義母の状態を見ているといろいろなことを
考えてしまいます。

で、ダンナさんにもしこういう状況になったら
自分だったらどうしてほしいのか聞いてみた。




「もし同じ状況になったら動脈瘤の手術は受けてみる?」
◆受けない。そのままでいいから。
そのまま死なせてほしい。

「ふ~ん、わかった。
ではお医者さんに延命処置はしないでくれと
言われてますって伝えるから」
◆でも痛いのはヤダ

「へっ? 痛みをとめる処置はしてほしいわけ?」
◆だって痰がからまって窒息しそうになるとか
 苦しいのはイヤなんだよ

「じゃあ、痛みをやわらげることがイコール延命処置ならば
それはいいわけね」
◆・・・そ、そうだね・・・

要するにケースバイケースってことかい。

「余命は伝えるからね。たとえそれが一か月だとしても」

これは同意だそうです。
よく覚えておかなくちゃ。
私のほうが先に病気になるかもしれないけどね。


苦しみたくないなら健康診断をきちんと受けることだと思う。

義母は病院嫌い。
「どこも悪くない」と言う。
高血圧の薬をもらいに病院に行くだけ。
人間ドックを受けたこともない。

でも、明らかに悪いところがあると周りは知っている。
胸をおさえて苦しそうにしていたり
腸の働きが悪く、排せつに苦労していたり
一緒に暮らしていればどこに不調があるかわかります。
80歳をこえてるんだものいろいろあって当然です。
でも、がんとして病院へは行かない。

「もし病院へ行って悪いところが見つかれば
入院させられて二度と家に帰れないと思ってるのかもしれない」
なんて兄嫁のNさんは言ってました。
というのも、自分の姉がやっかい払いのように
病院へいれられてしまったと思いこんでいるから。

実際にはやむにやまれぬ事情があったのですが
義母は身内かわいさでそこには目をつむってしまったわけで。

「私は元気だしなんでも自分でできる」
と(なぜか)胸をはっていつも言っていた義母。
もしかして自分の今の状況を理解できないほうが
幸せなのかななどと思ってしまいます。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。