FC2ブログ
日々のできごと
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレーム?
2010年09月22日 (水) | 編集 |
を買いにいったときのこと。
バイトのお嬢さんが新人さんをちょっと脱した時期のような
助けは必要ないけれど混んでしまうとたいへんという感じだった。
品物を受け取り店を出て中身を確認すると
やっぱりポテトがひとつ足りない。店内に戻り
「ポテトがひとつ入ってないんですけど」
と言うとお嬢さんはいきなりバックヤードに向かって
「クレームでぇす!!!お願いしまぁす!」


ちょ、ちょっと待って。クレームなの?
私、クレームつけたの?
すぐに別の人が品物を持ってきたけれど何か釈然としない。

家に帰ってダンナに言うと
「えぇぇ?!それはひどいな」

さらに次男に言うと
「えっ?それはないだろ」

…この反応
おまえの言い方がきつかったんじゃないの?とか
忙しくてパニクってたんじゃないの?
などということは言わないふたり。

いつでも素直に私の話を受け取っちゃう。
だから私もいやいやそんなにたいしたことないよ
なんて感じで怒りも失せちゃうわけで。

ウチの母親にこんなこと言ったら
「そういうときは怒ってやればいいのに!まったく!」
なんて言われて逆に何だかなあという気持ちになるはず。

のんきな家族ってこういうときは助かります。




駅前のお店は小さくてレジ前にオーダーを終わって
品物を待っている人とこれから注文する人が入り乱れている。

カウンターではお姉さんたちが品物を揃えていたので
次に注文する番のご婦人が少し下がって待っていた。
小学校3年生くらいの子どもを連れたハハが
入り口から入ってくるとずかずかとカウンターに一直線
あんたなにする?と子どもに聞きながら注文する体勢
そこでご婦人が「並んでるんですけど…」と
そっと後ろから声をかけると
「そんなのわかんないよ!」とそっぽを向きながら吐き捨てる。
「ぼ~っと立ってるから」←少し声のトーンは低くしたけれど
周りにはしっかり聞こえる。

…なにこの人…
「ごめんなさい」じゃないの?
心で何を思っていてもいいけど、まずこの言葉でしょう。

子連れママが注文しているのを聞いていると
やっぱり行き当たりばったり。いったん注文してから、
えっ?これいくらだっけ?
え~っ?それならどうしようかな。
………やっぱそれでいいや。
あっ、でも~

待っているときも視線がさだまらずキョロキョロしている。
子どものほうがずっと落ち着いている。

こういう人が子どものクラスの母親にいたら大変だっただろうな
思ったことをそのまま言っちゃうタイプ。

ああよかった。子どもが成人したら学校とは無縁だもの。
困ったハハたちに悩まされることはもうないんだ
なんて今さらのようにホッとした次第でございます。

楽しいつきあいも多かったけど
面倒なことも多かったのでときどきトラウマがよみがえります。
いろいろと難しかったな。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。