日々のできごと
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀のペンダント
2010年06月05日 (土) | 編集 |
なんで捨ててしまったのかなと
ずっと後悔していたものが出てきました。
ああうれしい!

洋服だんすの整理をしていて
久しぶりに小さい引き出しの中身を
ひっくりかえしてみた。
奥のほうからクレージュの小さいポーチを発見。
なかを見ると紙につつまれたシルバーのペンダント。

…捨ててなかったんだ。
引越のたびに捨てようかどうしようかと悩んだ記憶はある。
今の家に越してきてからは見たことなかったので
きっと捨ててしまったと思っていた。

久しぶりの再会です。感動!

捨てようと思ったのはなぜかというと
黒ずみがひどくて、もう使えそうもなかったから。
シルバーなのにブロンズのような色になってる【T__T】
アクセサリー洗浄液を何度も試したけれど
きれいにならなかった。

最近、テレビで黒ずみをかんたんに落とす裏技を何回か見て
そのたびにああ捨てなければよかった
今ならなんとかなるのに、と後悔していました。
見つかってよかったよ~


裏技はくわしく覚えてないのでネットで調べてみることに。
そして試みる。

【三ツ矢サイダーにひたす】
…ちょっと色がうすくなったかな?でもまだまだ。
【鍋にお酢と水 1:10を沸騰させてアルミホイルを敷き投入】
…なんてこった。お酢がない…

【ボウルにアルミホイルを敷き品物をのせ
小さじ1くらいのベーキングパウダーをふりかける
その上からお湯をかける。わりばしで取り出す】
…う~ん、少し黒くなくなったような気がする。でもそれほどでもない…

あれ?こすると黒ずみが落ちるみたい。
では、歯磨き粉で磨いてみましょうか。
こまかいところは歯ブラシで。

うわっ!きれいになった!
うれしい!


moblog_41373e7b.jpg

↑ひどいでしょ

↓それがこんなにきれいに変身

moblog_7837c0bf.jpg


このペンダントは21歳のときにいただいたものです。
28年分の黒ずみがとれるなんて、裏技サイコー!

他人様からいただいたアクセサリーはこれがはじめて。
というかそれまで装身具は買ったことがなかったので
はじめてのアクセサリーでした。

残念ながら男性からのプレゼントではありません^^;
でもとても思い出深いものです。

誰から貰ったかというと…

新入社員で入った銀行の親睦会でいただきました。
池袋パルコにあったシルバーアクセサリーの店のもので
当時、五千円くらいだと聞いた覚えがあります。
積み立てていた金額がずいぶんと貯まってしまったので
どうにかしたほうがいいということになり
そのときの担当者がとても気の利くセンスのいい女性で
ペンダントを選んでくれて女性社員全員に配られました。


私はアクセサリーに興味がないわけではなかったけれど
何をどう選べばいいのかさっぱりわからなくて
ひとつも持っていませんでした。
だから、すごく嬉しかった^^

それが、だんだん黒ずんできてしまって悲しかった(;_;)
新品のときのようにピカピカになって感動です。
今度こそ変色しないように気をつけよう。
またググって対策を練ります!

***********

銀行での仕事は覚えることが多く、毎日必死だった。
失敗続きでつらかったけれど、ほめられることもあった。
私は親にほめられたことがほとんどなかったので
少しだけ自信をつけてもらった職場でした。

忙しくて朝は早出、帰りは残業の日々。
冬場は毎日パンツで出勤。通勤のとき寒いので。
「○○さんが、スカートはいたところ見たことない」
と先輩に言われて、はじめて自分の服装に気づいたくらい
疲れていて、身なりは二の次でした。

ボーナス時期がすぎて、仕事を覚えたころ
春になりました。
ちょっと精神的に余裕ができ、お給料もたまってきた。
(使うヒマがなかったから)
この頃からヒラヒラっぽいスカートとかわいいブラウスで
出勤するようになりました。

徐々に、カチッとした服装をしていた先輩がたが
流行りっぽい若々しい服にシフトしはじめました。
もともときれいな人が多かったので
みんなどんどん若返って華やかになっていった。
制服があるのでどんな格好をしていっても
かまわないわけです。

アクセサリーを選んでくれた先輩は高卒だったので
三年先輩だけど年はひとつしか違わなかった。
銀行は職場結婚推奨の空気があり、
彼女もある男性とおつきあいしているとみんな知っていた。
お似合いだなと私も思っていました。
けれど、結婚は男性の親御さんから反対されているらしいとのウワサ。
理由は、高卒だから。
こんなことが理由になるの?とびっくりしました。
あんなにきれいで有能で細やかな気くばりのできる女性なのに。

そのあと私は転勤し、さらに2年後には会社を辞めてしまったので
彼女とあの男性がどうなったのかわかりません。
幸せに暮らしているといいな。

久々に手にした銀のペンダントは
そんな若き日のことを思い出させてくれました。

☆☆☆

そういえば私も結婚反対されたんだった。
「どこのウマノホネかわからない」
というツッコミどころ満載の理由で^^;
然るべき人からの紹介があり十分吟味して
お受けするか断るか決める余地がある
という縁談ではないと納得できなかったらしい。
要するにダンナの親御さんは誰かの「お墨付き」が必要で
何か気にいらない事があったら誰かのせいにできる
そういったとても都合のいい縁談を希望していたのでしょう。

結婚はギャンブルだから、リスクはつきものだってば。

しか~し、自分の息子が結婚相手を連れてきたら
動揺するかもしれない。
つまんないチェックするトメにはなりたくないな~

コメント
この記事へのコメント
銀色にけぶる三角
結晶風 闇の星 金銀の 四角 三角 無限角 民人たちは朝を待つ

貴女の銀色に煙る三角へ28年振りの朝が来たのですね。
2010/06/06(日) 02:20:34 | URL | スゥ。 #-[ 編集]
銀の三角
まったく気づきませんでした…
そうですね「銀の三角」だわe-266
萩尾さんが巡り合わせてくれたのかな。
スゥ。 さん、楽しくなること教えてくれて
どうもありがとう!!!
2010/06/06(日) 18:26:46 | URL | miyuco #ubwH2qN2[ 編集]
私達の世代って、高卒で銀行に就職って
女子の王道ではなかったですか?
私は専門学校を選んだけど、銀行に就職が決まった子って
みんな誇らしげだったんだけどなぁ(o^-^o)

今はアレルギーでシルバーアクセは使えなくなってしまったけど
安くて歯磨きで綺麗になるから、私もいくつも持ってました。
銀は地味だけど、磨いた後の落ち着いた輝きが大好きで
使えないけど捨てられない銀の指輪を思い出しました。

・・・・私も探さなきゃ見つからないかも(^_^;)
2010/06/07(月) 09:23:43 | URL | 綺華 #VEIOABK.[ 編集]
綺華さんのおっしゃるとおり
当時は高卒の女性が多く働いていて
そんな先輩たちにいろいろと教えて貰ってました。
少し上の年代になると男性でも
高卒・専門学校卒の方が何人もいた時代です。

結婚を反対された男性の父親は
どこかの銀行のお偉いさんだったらしく
妙なプライドが高かったのかもしれません。
彼は先輩だけれど年下の彼女に
いろいろ迷惑かけたり尻拭いしてもらったり
ずいぶん助けて貰ってました。
とてもお似合いだったけど、どうなったのかな…

アレルギーなんですか…残念ですね。
でも、ピッカピカにすると気持ちいいですよ!
銀の指輪を見つけたら、ぜひっ!


2010/06/08(火) 18:32:19 | URL | miyuco #ubwH2qN2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。