日々のできごと
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お別れ
2014年01月26日 (日) | 編集 |
叔母(母の妹)が先週亡くなりました。
お風呂からなかなか出てこないので家族が見に行ったら
浴槽で亡くなっていたそうです。

86歳と82歳の老夫婦ふたりで一軒家で暮らしていました。
実家から徒歩7分の場所に住んでいながら
ここ何年か実家とは疎遠になっていた。
叔母の連れ合いがウチの両親を嫌い
叔母にとっても実家にあたる姉(私の母)の家に
行くと怒られるらしく顔を出すことができなかったようです。

そうこうしているうちに母の足が弱って
外出することが困難になり、
ますますどうすることもできなくなってしまった。
ごく最近、父が訪問して世間話をするようになり
関係も徐々に改善するかなと思っていたところなのに
まさかこんなに突然叔母が亡くなるなんて。

叔父とひとり娘のふたりで報せにきたとき
玄関先で叔父は土下座したそうです。
そのとき母は弟の車で買い物にでていて
帰宅するなり叔母の家にいき
何年かぶりに会った妹の亡骸に号泣。

仲たがいの原因は長い間の確執が根底にあるから
(母も意地が悪いところがあるし叔父はプライドが高い)
わたしにはよくわからない。
でも、こんなに近くに住んでいるのだから
生きてるうちに会えたらよかったのにと思ってしまいます。
・・・もうどうしようもないけど。

年齢からいって叔父がこの世を去るほうが
早いと思っていたのかな。


棺におさまった叔母はふっくらとした頬で
まるで眠っているようでした。


* * *


叔母には娘がひとりいて
結婚してご主人の家業を手伝っています。
喪主の叔父は高齢なので
実質はこのいとこがしっかりと葬儀を取り仕切っていました。

子どもの頃に会ったきりだから
30年ぶりくらいの再会。
いいお母さんになってました。
面影は残っているし
社交的なところは叔母にそっくり。
なつかしかった。

叔父は高齢で、しかも何年も会ってないので
「○○だよ。一番上の長女。わかる?」
と挨拶したらやっとわかってくれました。
認知症の症状は若干あるもののいたって健康だそうです。

* * *

流産をくりかえしていた叔母は
いとこが生まれるまで絶対安静の状態。
実家で過ごしていたのを
祖母と一緒に暮らしていた私は覚えています。

にぎやかで愉快な叔母は
よく遊びにおいでと誘ってくれました。
駅から叔母の家に行く途中の風景とか
家のたたずまいとか、なんとなく覚えている。
いろいろと思いだしました。

働き者の叔母でした。
年齢をごまかして60歳過ぎまで働いていた。
連れ合いは職場をてんてんとする理屈の多い人だったけれど
叔母は大好きでこの人と結婚したいと強く望んで
お嫁にいったそうです。
お父さん、お父さんとよくたてていました。
最後まで一緒に暮らせてよかったね。

どうか安らかにお眠りください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。