日々のできごと
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うまくやれない子ども
2013年10月15日 (火) | 編集 |
納骨しましたというハガキが届いたのは去年の夏。
次男の中3のときのクラスメイトのうち
二人が亡くなっています。
ひとりは高1でバイクでの事故死。
もうひとりは二十歳目前で自ら命を絶ちました。

次男は幼稚園のときからずっと
みんなのペースに歩調をあわせられない子だった。
意識が違うところに飛んでいってしまって
先生や友だちの話を聞いていない。
ひとつのことが気になると周りをシャットダウンして
そこにこだわってしまう。
ふと我に返ると状況が進んでいてもうついていけない
あたふたとおおあわてでまた失敗する。
要するに、ボーっとして浮いてる存在。

浮いてる存在の子はほかにも何人かいて
死んでしまった子もそのひとりでした。
落ち着きがないタイプ。
でも人懐こくてかわいかった。





[READ MORE...]
スポンサーサイト
さびしい???
2013年10月03日 (木) | 編集 |
先週のこと。
三日間、ひとりで過ごしました。

長男は遅くにとった夏休みで二泊三日の旅行に出かけ、
ダンナもふらっと旅に出てしまった。

気楽でいいわ~と思っていたのだけれど
ひとりで過ごす二回目の夜に、なんだか変な感じが・・・
胸がスースーするというか、
しーんとした感覚が襲ってくるというか。

あれっ?もしかしてこれが「さびしい」ってこと?

さびしいって感じてる自分にびっくりでした。

小さいころから友だちが少なく
つきあいがわずらわしいと思うタイプで
ひとりでいることが苦にならない人間だと
自分では思っていたから。

「痛み」も「さびしさ」も体験しなければ
切実にはわからないものなんだとつくづく思いました。

思い返してみれば一人暮らししたことなかった。
六人家族でにぎやかに過ごしていて
結婚して家を出たんだったわ。

そんな感傷にひたっていたのもつかの間。
旅行帰りにちょっと食べたけど夕飯は
家で食べたいけどいいですかとメールがきて
かんたんな夕飯をつくり、
旅行の話を聞いていたらダンナが帰ってきて
次の日は次男も勤務地から帰ってきて家族四人が勢ぞろい
騒々しくてちょっとぐったり。

ひとりもいいけど何日か続くと困る。
一日おきというのが希望です。
(勝手な願望)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。