日々のできごと
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしゃべりはつづくよいつまでも
2011年09月07日 (水) | 編集 |
ランチバイキングの店なのに
ワンディッシュ、ワンドリンクだけで
しゃべりたおす中年女性ふたり。

中華料理のお店をダンナさんとふたりで切り盛りしていて、
休みは週に一日だけの彼女。
その日は婦人科に行くので出るついでに
久しぶりにランチでもどう?
というお誘いがあったので出かけていく。

以前住んでいたマンションの真上に住んでいて
うちの長男と同い年の女の子がいたので顔見知りになり
それからのつきあいです。

子どもの話がメインだったのに
今ではおたがいの健康の話とか身内の病気の話とか。

23歳の女子は高校を出てから大学には行かずに
アルバイトをしながら英語の勉強をしていた。
最近どうしてると聞くと「プーで遊んでばかり」
彼氏がいてもう二年くらいつきあっているのだけれど
米兵さんなのですって。
彼は兵役が終わったら本国に帰って
大学に通うと決めているそうです。

「じゃあ、できちゃった結婚は阻止しなくちゃね」と言うと
「当たり前よ~! 口をすっぱくして言ってるわよ!」

経済的に先の見えない国際結婚は危険です。
でも…もしそういうことになったら
それはそれで仕方ないよね。
なるようにしかならないものという話におさまる。

ウチの息子もどうやら彼女がいるらしい。
「私はできちゃった結婚反対委員会に入ってるから」
「そうなったら金銭的な援助は期待しないで」
「でき婚は離婚する確率が高いような気がするから
そんなのに援助するのはムダだと思ってる(偏見)」
と言ってあります。一応は言っておく。
あとは自己責任と成り行きにまかせる。

この会話を聞いていた次男が
「でも三年もったらいいんじゃない」
「結婚は三年、恋愛は三ヶ月もてばだいじょうぶらしいから」

…あんた女っ気ゼロなのに、なにその冷静な発言
しかし確かに一理あると思ってしまった…

それにしても幼稚園どこにする?なんて会話していた私たちが
子どものでき婚を心配するとはね…


「あなた、ひょっとして痩せた?」
「私は気がつかなかったけど、
娘がずいぶんやせたよねって言ってた」

この人はダイエットしてから何回も立ち話してるのに
まったく気づかなかったらしい。
お嬢ちゃんとは会ってないはずなのにどこかで見かけたのかな。
チカちゃん、気づいてくれてありがとう!
おばちゃん、うれしいよ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。