日々のできごと
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃亡者
2009年07月01日 (水) | 編集 |
「バイト先の社員さんが逃亡した(`ヘ´)」
と長男が怒っていたことがある。
三日ぶりにバイトに行ったら
きのうから社員さん一名が無断欠勤で
連絡がつかないという話を聞いたそうです。

社員が3人しかいない店舗で1人行方不明者が出たため
店長は連日長時間労働で疲れきっているそうです。
その後一週間くらい連絡がとれなかった様子。

実はこの社員さんは
我が家からものすごく近い場所に住んでいる。
あの方の息子さんなのねとすぐにわかるくらい。
五月に他の店から異動してきてご近所さんだと知ったときは
ずいぶん奇遇なこともあるもんだと思ったけど
まさかこんな成り行きになるなんて。

失踪から2週間ほどたったある日
息子が倉庫整理をしていたら隣の部屋で
「偉い人にめっちゃ怒られてた」

父親と一緒に来ていたのは
どうも親会社の上層部にいる父親のコネで
入社したといういきさつがあったかららしい。

…そんなにラクして正社員になってそのあげく逃亡?
甘いよ甘すぎるよ
残された社員さんがたいへんだからって
風邪ひいてもうろうとしているのに
休ませて欲しいと言い出せないバイトもいるのに(ウチの長男^^;)
なんでそんなに無責任なことができるのか
理解できない。

これで復帰したら「世の中結局不公平なのよね」と
厭世観に浸りそうなところだけれど
結局辞めていったそうです。

どうも逃亡の伏線があった様子。
ドラッグストアでの薬の取り扱い方が変更になり
試験に合格しなければ販売する資格がなくなるため
社員向けの講習会があったのに
まず講習に出なかった、試験も受けなかった
結果立場が悪くなったということらしいです。
ふぅ~聞けば聞くほどナサケナイ

今回めっちゃ怒られたのはいい機会。
考えを改めたほうがいいよ、若者。

長男の近くにもう一人逃亡者がいた。
サークルの部長。
春休みに入る直前、突然連絡がとれなくなったらしい。
ケータイには出ない、メールは完全無視。
結局本人不在のまま部長交代したそうです。
「会ったらなぐってやる!」
と怒り心頭の息子でした。
(副部長だったのでしわ寄せが大きかったみたい)

いきなり会社に来なくなった社員の話を
最近知り合いからも聞きました。
新入社員の男の子が5月から会社に出てこない。
ケータイに出ないしメールも返信なし。
一週間くらい様子を見ていたけれど状況が変わらないから
自宅に電話したら話を聞いて母親が泣き崩れたそうです。
「毎日きちんと家を出ていたのに」

就職して働いていると思っている家族に
仕事を辞めたいとは言えなかったのでしょうね。
まじめな男の子だったそうです。

我慢に我慢を重ねて「うつ」になってしまうよりも
辞めてしまったほうがいいケースもあると思う。
でも、社会人となったからにはけじめをつけないといけない。
イヤな思いをするかもしれないけど仕方ないこと。

「放りだした」代償は必ずどこかで払うことになると
ちょっとだけ長く生きているので知っているけれど
それをどうやって覚えてきたのかはもう忘れてしまった。

残された者の立場を身をもって体験した長男は
貴重な教訓を得たのかもしれない。








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。