日々のできごと
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12年前の今日
2009年03月31日 (火) | 編集 |
12年前の今日、1997年3月31日に今の家に引っ越しました。

4月1日をもって消費税が3%から5%にアップするため
大きな買い物はそれまでに済ませた方がお得だという空気が
当時ありまして不動産売買が活発でした。

我が家もマンション購入から10年近く経過していたし
下の子供も小学生になるので私が働きに出られる状況に
なりつつあり、一戸建てを検討し始めたわけです。
漠然とチラシを眺めたりしてました。

そんな折り、ダンナさんの父上から資金援助してくれるという
ありがたいお話。
「オレも先が長くないんだからな。生きてる時しか援助できないよ」
ありがたやありがたや。

しかし…
条件に合った新築物件なんてそう簡単に見つかるはずありません。
自分には流浪の民の血が流れているのでは(笑)と思うほど
私はどこに引っ越しても構わないと思うタイプ。
でも、ダンナさんは10年近く暮らしたこの地が気に入っていて
近場で引っ越ししたいと考えていた。
小学生の長男は学校かわるのヤダと言う。
そうなると範囲が狭まってますます物件探しが難しいわけで。

義父はと~~~っても気が短い^^;
まだ決まらないのか、ちゃんと探しているのか
間に合わないじゃないかとか、電話の嵐。
困ってしまいました。



[READ MORE...]
スポンサーサイト
卒業式
2009年03月11日 (水) | 編集 |
日曜日、次男の高校の卒業式でした。
体育館は寒かった…
コートを着たままカイロを握っていてもまだ寒い。

あまり感慨もなく、儀式だから参加する程度の気持ちだった。
高校生活はそこで過ごした生徒たちのものであって
保護者が出る幕ではないような気がしていたので。

卒業証書授与
祝辞
来賓祝辞
在校生による送辞

ここまでは傍観者のようにその場にいたのですが
「答辞」に泣かされてしまいました…

入学してからの学校行事をなぞってその時々の様子を
語っていく。ここまでは答辞のいつものパターン。
しかしこの後が…

彼はサッカー部の部長だった。
最後の試合、一点差を追い上げられなかったくやしさ
応援してくれたクラスメイトたちへの感謝を
自分の言葉で語っていく。
涙声になりながらも朴訥に語る内容に心が動かされる。
ここですでに私ももらい泣きなのですが
その後に「母が亡くなってから」という言葉がありました。

仕事で忙しいのに支えてくれた父への感謝の気持ち。
部長としての愚痴を聞いてくれたことへのありがとう。
素晴らしい高校生活を送ることができて
この学校を誇りに思っているということ。
そんな自分の制服姿を母に見せられなかったことのくやしさ。

保護者席は全員が涙腺決壊。
壇上で答辞を述べる生徒の正面にいた学校長は
ハンカチで何度も涙をぬぐっている。

彼が答辞を読み終わったときには自然に
大きな拍手がわき上がりました。
がんばったね。これからもがんばってね。

人ひとりがやっと通れる通路をはさんだ席に
お父さんがひとりで座っていました。
この方は答辞が始まった直後から涙をぬぐっていたのですが
もしかして、彼の親御さんだったのかもしれない。
壇上で自分の息子がこんなふうに語るのを聞いたら
お父さんは堪らないでしょうね。

思いもよらず涙の卒業式になってしまって
自分でもびっくりしました。

帰宅した次男にあの答辞は反則だよね
保護者席ほぼ全員号泣だよと言ったら
「破壊力すごかったね」だって。
生徒たちも保護者と同じ状況だったようです。

ひとりひとりの生徒がいろいろな形で
それぞれの人生を生きているんだなと
改めて感じさせられました。

みんな、卒業おめでとう!

卒業式後、次男は部活のメンバーと弓道場に集合
その後モダンパスタに寄って夕方帰宅しました。
あとは「卒射会」を残すのみ。

4月になればガイダンスだの学力テストだの
一気に大学モードに入ります。
進学先は系列の大学なので知っている顔が多く
少しだけ気が楽な様子。
通学時間が長くてたいへんだけど
まっ、なんとかがんばれ^^






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。