日々のできごと
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっという間の一年
2008年12月28日 (日) | 編集 |
暮れになって我が家にも巨大爆弾が炸裂。
全く予想していなかったわけではないけど
現実になると動揺します。
とりあえず猶予があるので心の準備をしなければ。

何もなかったかのように普通に毎日を過ごす事が
もしかすると一番いいことなのかな。
私が不安そうな素振りを見せると
悪い方向にいきそうな気がする。

できることを地道にやっていくしかないよね。
あまり落ちこまないようにねダンナさん。
キミに落ち度があったわけじゃないから。

とりとめのない文章になってしまった^^;

そんなこんなで一年が終わっていきます。
先行き不透明で溺れかかっているような社会情勢ですが
来年はどうなるのでしょう。
明るい兆しが見えるようになるといいですね。

スポンサーサイト
荒れる中学生
2008年12月10日 (水) | 編集 |
天気がいいのでわんことお散歩。
最近は息子たちが通っていた中学校の裏道を通る
ロングコースがお気に入り。

中学校の北側の自転車置き場と平行して
車二台がやっとすれ違えるくらいの道路があります。
そこを歩いていると1mほど離れたななめ右に
粉末クレンザーのカネヨンの真っ赤な箱が出現した。
一瞬何が起こったかわからなかったけど
この箱は中学校の家庭科室に置いてあるものと同じ
(こんなレトロなものを使うのは中学校だけ^^;
学校行事の手伝いで出入りしてたのでよく知ってます)
ということは上から投げ落としたに違いない。
校舎を見上げると開いている窓があってそこに
チラッと人影が見えてすぐに消えた。

さてどうするか。ちょっとムカッとしてきた。
上から物を落としても届かない場所に歩いていき
立ち止まり振り向いて窓を見上げる。
どうせ中学生なんてもう一度顔を出すに決まってる。
案の定男の子が顔を出しこちらを見る。
顔を見て小声で「バーカ」と言うわたし。
…相変わらずオトナゲナイ人間ですorz

すると間髪入れずに罵詈雑言が飛んできた。
「ババァ、こっち見てんじゃねぇよ!ババァ!」
ババァ!は何度も繰り返してたけど後はわめいていたから
よく聞き取れなかった。
すごい勢いでしばらく怒鳴り散らしてた。

声がわり途中のような声だった。
中学一年か二年生か。

ばかだなと思ったけど
ちょっと哀れだとも思った。
「ババァ!」という言葉を使い慣れているようだった。
親にも教師にもこの言葉をぶつけているんだろうな。
そんな扱いづらい思春期の男の子を
親はかわいいと思うのかな?
先生にも厄介者扱いされてるんじゃないかな?

ウチの二人の男子の同級生にも
こんな感じの子がいたけれど
学校には来なくなっていた。
だから教室はわりと平和だった
でも違う学年には学校に来てかき回す集団がいて
それはそれはたいへんだった。
あの騒ぎ立てていた子は学校には来るタイプなのかな。

クレンザーを拾って事務室に行こうかなと
チラッと思ったけどやめました。
先生の手をわずらわすほどの事でもないかと思って。
忙しい時期だし。

とりあえずわんこの散歩はここだけ迂回することにしましょう^^;
(身から出た錆とはいえメンドクサイ…)

息子たちの同級生で問題ありの生徒たちのその後は
まったくわからない。
中学の友だちと疎遠になっているから情報が入ってこない。
あの子たちは今どうしているんだろう。
ほとんどの子を小学生の頃から知っているので
なおさら気になります。
20歳になった彼らの姿を見てみたいです。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。