日々のできごと
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片づけ
2014年11月15日 (土) | 編集 |
長男の部屋は、はやり(?)の汚部屋。
紙だらけ、ほこりだらけ。
床が見えないという末期状態。
物を動かすと鼻がむずむずする。
健康にいいわけがない。

片付けたくても他人が手をだす段階ではないし
本人もどうしていいかわからない様子だった。

引越荷物を持ち出したのに
ものが減ってないことに愕然。
「残っているものは全権委譲」
「CDとゲームは残すけれど紙類は処分」
ということで長男と話をつける。

「しかたないね。
ゆ○〇さんのもの(10年越しのファン)が残っていたら
それだけは勘弁してください。」

* * *

さてどこから手をつければいいのか・・・
何年も閉めたままの出窓を開けて風を通したい。
しかし手前に荷物が山積みで手が届かない。

とにかく床が見えるようにしなければ。
まずは学習机の引き出しを整理して
細かいものはここに収納しましょう。

開かずの引き出しに入っていたのは小学生からのいろいろなもの。
たまごっち、ため込んだキーホルダー、歴代のケータイ
そしてトレーディングカードの山。
可燃物、不燃物、容器包装ゴミ、仕分けに手間のかかること!

声優雑誌はとても重い。
アニメキャラの紙袋がひと山あるのでとりあえず放り込む。

長時間並んで、ライブで手に入れたグッズが
そのまま入っている紙袋が多数。
某巨大同人イベントで徹夜して買い求めたものも
紙袋にいれて無造作に置いてある。

手に入れた瞬間のときめきが大事なのね。きっと。
あとは残骸なのかもしれない。
でも、捨てるまでの踏ん切りはつかない。

雑誌の回収は月に一回だけ。
でも、このまま置いといたら片づかない。
さて、困った。どうしよう。
そんなとき、イオンで回収ボックスを見つけた。
これだ!さっそく車に積み込み持っていく。

ボックスに入れると重さが表示される。
一回目、48キロ。
二回目、55キロ。
これだけ部屋から持ち出してもまだまだ物があふれてる。

ガチャガチャの戦利品。ペットボトルのおまけ。
コミック、トレーディングカードの巨大な山。
教科書、ファイル、プリントが突っ込んである段ボール。

ゴミ袋に占領されてまだまだ床は見えない。

とりあえずブックオフにマンガ300冊と何枚かのCDを持って行く。
【6050円】
重いゴミ袋を何往復もして二階から降ろしてくれて
ブックオフ持ち込みでも段ボールを運んでくれたダンナさんと
山分けしました。

空いた収納ケースに散らばっていたコミックを入れて、
本棚におさめてあったものもケースに移動。
本棚の空いたスペースには散らばっていたCDを収納。
床が見えてきた!

出窓の上をかたづけてカビのはえたカーテンを撤去。
やっと窓が開きました。

ブックオフの買取サービスを申込み、送付。
持ち出し日から5日で入金。

bookoff


ライトノベルとコミックはほとんど値がつかなかった。
わたしのノスタルジックなCDに値段がつきました。
マイナーなプレステソフトに1000円を超す値がついてびっくり。
DSとPSPのソフトは残してあるけれど
バレない感じのものはこっそりと処分しちゃおうかな

部屋が片付いたらクロゼットの整理。
奥の方から息子たちの小学生のときの図工作品とか
教科書とかプリントとか幼稚園のときのおたよりとか
いろいろと発掘。そして処分。
学生服とか高校の制服とか残しておいてもしかたないから処分。

次男の部屋のクロゼットもついでに整理。
ダンナの思い出の品とか10年以上放置している謎の資料とか
カビがはえたかばんとか発掘したので処分。

ため込んでいたのは長男だけではなかったことが判明。

パンパンにつまったゴミ袋を
回収日のたびに5・6個だすこと約1か月、
やっとスッキリしました。

久しぶりに帰ってきた長男に
「あんたの部屋、実は広かったんだよ」と言ったら
「うんそうだね。びっくりした」
オレの部屋はせまいからといつも言ってたけど
実は七畳の南向きで日当りのいい部屋なのでした。

*
*
*
断捨離のあと、捨てたことを後悔して
ゆううつになってしまった人の文章をどこかで読んだことがあります。
勢いづいてちょっとハイになってたかもと、私も少し反省しています。

使ってないDSを一台見つけて充電しようとしたら
充電器がない・・・
捨ててしまったのかもしれない。
もしかするとほかにも何か必要なものを捨てたかもしれない、
なんて思いはじめたら、不安になった次第でございます。

でも、思い悩んでもしかたない。
ということで、充電器を買いました。

さて、テイルズでもはじめますか。





スポンサーサイト
ころんだ・・・
2014年07月03日 (木) | 編集 |
おばさんがころんだ。
だるまさんじゃなくて53歳のおばさんがころんでしまいました。
おそろしや、おそろしや。

あっと思う間もなく両手をついてはいつくばってました。
びっくりした。
瞬間、顔をうちつけたらきっと痛いだろうなということが、よぎった。
やっちまった~ってかんじ。

しかし・・・どこも痛くない。
出血しているところもない。
立ち上がれるし歩ける。

2メートル位前に杖をついた女性が立っていて、
「だいじょうぶ?」「ねんざしてない?」と聞いてくれる。

だいじょうぶでした。
叩きつけられた感じなのにどこもなんともない。
じゃあ、なんで転んだんだろう?

駅前のスーパーに入ろうとしてやっぱりやめたと
方向転換したとたんにひっくりかえった。
サンダルのヒールはそんなに高くないけれど
足がずれてバランスが崩れたのかしら・・・

一日たった今日、どこかにあざができたかと
調べてみたけれどとくに変わった場所はない。

こわくなりました。
へたすれば杖をついた女性を巻き込んだかもしれない。
倒れこんだ場所や手をついたところに何かがあったら
きっと無傷ではいられなかったはず。

駅前なのに人通りが少ない田舎町で本当によかった。

左足の調子が悪くて足が上手くあがらないので
引きずっているようなびっこを引いているような歩き方。
そんな状態がここ半年くらい続いていたけれど
最近、やっと普通の歩き方に近づいているような気がして
少しほっとしていたのですが・・・
左足の脚力はまだ元には戻ってないのに油断したのかな。

一年前に左足の付け根の筋を痛めたのが始まり。
痛みで足をうまく動かせなくてじょじょに筋力が落ちてしまった。
それを回復させる特効薬なんかなくて月単位で戻すことしかできないと
わかっていてもうんざりしてしまう。

よたよた歩いてるとダンナが
「おまえ、歩き方がおかしいぞ」と言ってくる。
「う~ん、今日もへんだぞ」
などと何回か言われたときはムッとしてしまった。
デリカシーのないやつ。
おかしな歩き方だなんて自分が一番わかったるよ。

「へんだと言われてもすぐに治せるものじゃないんだから
治せないものをおかしいと何回も言われるのは不愉快!」
と言い返したら言わなくなりました。

クロワッサン 2014年 5/25号 [雑誌]クロワッサン 2014年 5/25号 [雑誌]
(2014/05/10)
不明

商品詳細を見る


美容院(あっ、今はヘアサロンって言うんだっけ)で
読んでわたしでもできそうだから買ってみたクロワッサン。

一通りやってみて筋肉を鍛えなくてはと思った次第でございます。
明日からがんばる・・・たぶん・・・
(今日からやれって話ですよね


剪定
2014年06月04日 (水) | 編集 |
五月は庭木を切ってました。
ばっさばっさとやったので剪定というかもはや伐採。


nokogiri
訳あり!送料無料!2200円 騎馬侍二段刃

のこぎりを買ったのです。
ダンナが買ったのこぎりがあるのだけれど
ヤツのものに手を出して刃こぼれなどしたら
文句たらたら言われるのはわかりきっているわけで。
しかし私が使ったらいろいろ支障がでるのは明らか。
で、めんどくさくなって(ちょっとキレて)
マイのこぎりを買ってしまったのでした。

これなら文句は言わせないぞ(`^´)   



建売住宅を購入してからはや17年。
小さい庭に植えてあった庭木も17年ぶん大きくなっている。
カイズカイブキと金木犀が五本づつ。
最初はひょろひょろしていて目隠しにもならなかったので
合間に赤目も植えてみました。
それがぶっとい幹に育ってくれて今やもさもさ状態。

毎年一回は夫婦ふたりで剪定するのだけれど
去年は私の五十肩&謎の左足の付け根の痛みでパス。
私がやらないとダンナも動かない。

2月の大雪で、我家の北側に建っている家の
2階まで伸び放題だった木が倒れ
伐採するために業者に頼む事態が発生。
うちの庭木もこのままでは手に負えなくなるのではと
危機感を感じて重い腰を上げたわけです。
足の調子もだいぶよくなったから。

マイのこぎりが届いたら切ってみたくなるわけで。
まずは隣家との間のカイズカイブキを切ってみる。
ぎこぎこ・・・

カンドー
なんてさくさく切れるんだろう。
調子に乗ってばっさり切ってしまう。
だっておとなりさん誰も住んでないし。
目隠しは必要ない。

味をしめて南側のフェンスを乗り越えている枝をばっさり。
しかし乗り越えている枝のなんて多いこと。
南側の通路はあまり人が通らないし
盛り土をして家を建てたので枝がはみだしても
あまり気にしてなかったけど、ずいぶん越境している。
虫がでてくるとイヤだから五月の天気のいい日にがんばらなければ。

かなりさっぱりした庭になって達成感。
ストレス解消になりました。

そんなところから切っちゃったのとか
ダンナの小声のクレームなんか無視。
遊び歩いてるのがいけないんだからね。

びわの木を切ろうとしたら杖をつくりたいから待ってと言われた。
もう少し幹をふとらせてから切って杖にするつもりらしい。
・・・いつになることやら・・・

niwa

ajisai

もうすぐ紫陽花が咲きます。

* 
*
*

裏の家の庭木が倒れてフェンス越しに
となりの駐車場に覆いかぶさってしまった。
駐車場といっても誰も借り手がいない空き地。
倒れた木はしばらくそのままだった。

おばあちゃんはどうしようかと考えあぐねていたらしい。
ご近所さんの目がきになるしどこに頼めばいいのか。
ホームセンターに剪定三千円からってポスターがはってあったから
こういうのもいいかもねと話のついでに言ったことがある。
結局はそこに頼んだそうです。
知り合いのつてで植木屋さんを頼んで
散らかり放題の家を見られるのがイヤなのだそうです。
ビミョーな女心。
知らない人のほうがいいんですって。
「肩の荷がおりた~よかった~」

嫁はなんとも思ってないのかなにも言わない。
息子も同じく。なんなんだろう。
な~んておばあちゃんは生協で会うたびに嘆いていた。
ずっと悩んでいたみたい。
家にいてご近所と関わるのは主におばあちゃんだものね。


でもね。お嫁さんは多忙をきわめる。
知的・身体障がいのお嬢さんの学校へのつきそいで
一緒に送迎車に乗り込む。
学校へ着いたら自転車で五キロの道のりを家に帰る。
家事や用事をすませたら帰りのバスに一緒にのるために
また五キロ自転車にのって学校へ。
その繰り返し。
たいへんだという愚痴を聞いたことは一回もない。
頭が下がります。

だからおばあちゃんの愚痴に同調することはできない。
聞くことで少しでも家庭円満のお役に立てたらいいのだけれど。
片付けない、気が利かないという非難に
おなじようなタイプのわたしは肩身がせまいです・・・






お隣の引越
2014年04月01日 (火) | 編集 |
お隣さんが引越しました。
次男くんが都内のトップ私立高に合格したけれど
東京の果てにある自宅からだと通学時間がすごいことになるので
一時間以内で通える場所に家族で引っ越すということです。
長男くんと次男くんの学校のちょうど中間地点で
ご主人の勤務先の近くに部屋を借りたらしいです。
自宅は売却せずにそのまま残しておいて
いずれ帰ってくるつもりだと言っていました。

私道を挟んで凹の形で建てられた四軒の建売住宅に
入居したのは17年前。
ウチ以外はほぼ同い年のご夫婦で子どもも同じくらい。
我家だけが夫婦も子どもも年代が上でした。

わたしはそれまで住んでいたマンションが
子どもの同級生が6人も揃っていて
妙な対抗意識とかいろいろなことで疲れた部分があったので
子どもの世代がウチだけ違うことが気楽でした。
パート主婦だったせいで顔を合わせる機会も少なかった。

17年間もお隣だったからやっぱり寂しい。
でも、ちょっとホッとしている。
親子でもめてる声や音は心臓に悪いです。
環境が変わって何かが変わればいいね。

卒業生の約半数が東大に進学するという高校。
「弟がそれじゃあ兄は立場ねえな」
と我が家の長男は言ってました。
・・・その視点はなかったわ。

「長男くんは通いきれないからと寮にいれて
次男くんのときは家族で引越なんだ」
裏に住んでいる長男くんと幼稚園から一緒の幼馴染の
女の子は言っていたそうです。

引越のあいさつにきたご夫婦はしあわせそうで
若々しくてきれいな奥さまはとてもやさしそう。
執拗に息子をしかりつけているのは
本当にこの人なのかなと私も思ってしまう。

誰も信じてくれなそうだったし
(ダンナでさえもあのやさしそうな人が?と半信半疑だった)
もちろん外でおとなりのことを言うつもりなどなかった。
(ブログには書いてたけど)

でもあるとき、彼の幼馴染の女子のお母さんに
学年の懇親会におとなりのご夫婦がふたり揃って出席して
長男くんの不登校に悩んでいると言っていたことを聞きました。
そこで思わず、親に問題があるんじゃないのと言ってしまった。
子どもだけを責める論調になるのがイヤだった。
話を聞くと同い年の母たちも
学校行事などで子どもをしかる親の姿を見ていて
いろいろと思うところがあったみたいです。

少し難しいところはあるけれど長男くんは悪い子じゃないと
みんな思っていたし今も思っている。
だから、親との関係をこじらせないでほしい。

次男くんはうるさい親をテキトーにスルーして
うまくやりすごしている様子。
長男くんもそんなふうにできたらいいのにねと
幼馴染女子のハハと話していました。

がんばってほしいです。

以上、あいかわらず大きなお世話なかんじで
スイマセン
おとなりの17才男子
2014年02月18日 (火) | 編集 |
前回と同じ雪かきの日のこと。

私道の雪かきにめどがついた頃
おとなりの奥さまがスコップを持って出てきた。

「ピンポンって呼ばれちゃった」
「自分の家のまわりを人が通れるくらいにしたら
あとは車を出す人だけがやればいいんじゃないかと思うんだけど。
うちは車を出す予定ないから」

徴集されたことがなにやら不満そう。
(かくいう私もチラッとそう思ったけど・・・)

そう言いながらも真面目な人なのでこつこつがんばる。

う~ん、何か不測の事態が起きて
自分も車を出すかもしれないとは考えないのだろうか。

夕方になり、みんなでがんばって雪をよけたので
今日は終わりにしましょうと雪かき終了。
となりの奥さまと家へと向かう。

「お兄ちゃん、雪かきしてましたね。
うちなんか男がおおぜいいるのに何にもしない。
どうしたらあんなふうにいい子に育てられるんでしょう」

えっと~、あいつは自分がライブに行くためにやってただけ・・・


おとなりは長男くんとさっきまでバトルしていたらしい。
中学生のときは不登校でかなり激しくやりあっていたけれど
今もなおいろいろあるようです。
「家のなかが殺伐としている」

主に雪かきしていたおじいちゃんの家の孫は
長男くんと同い年。
雪かきに参加していました。
見ていて思うことがあったのかもしれない。

でもね。
子どもには進んで人の役に立つことをしてほしい
(雪かきくらいしてほしい)
素直に親の言うことを聞いてほしいと望んでるようだけど
言っている親はなんで私が雪かきしなきゃいけないのと不満でいっぱい。
そりゃあムリだわ。

面倒な子ども会の役員を年度の途中で
忙しいからもう出られませんと突然参加しなくなり
周りが唖然とするという過去がある人たちです。
優しげで人当たりがいいタイプだったので
みんなびっくりだったみたい。
結局中学受験を知られたくないからだったようです。
しかしこういう事はどこからかわかってしまう。

中学受験に失敗して地元の中学に通うようになってから
長男くんは親とぶつかることが増えました。
塾へ行きたくないと泣き喚いていたから
中学受験を自分で望んだとは思えない。
ここから歯車が狂ってしまったのかもしれない。

あなたのためにと中学を受験させたのに
失敗したのはあなたの努力が足りなかったせいだと
責めるような親御さんのように思える。

両親ともに成績がよく要領もよく
親の期待を裏切ったことなどない人たちなのでしょう。
のんびりした長男くんは想定外なのかな。
心配でおせっかいをやいて
大きく見守ることなどできないかんじ。
こうなると悪循環です。
もうちょっと距離を置けばいいのにと思うけど・・・

親に反発して屁理屈ばかり
幼稚な言い訳ばかり言うと嘆く。

不登校だったとき親御さんたちは
きっと学校側からアドバイスを受けたと思う。
さまざまな助言に耳を傾けたのかしら。
反発が先に立ってしまったのではないかな。
ご近所での世間話でも学校への批判が多かった。

反発が先に立つ。
自分に悪いところがあるとは言わない。
この親にして・・・
ではないの?似てるじゃん。

人の役にたつなら多少損な役回りも引き受ける
という考えの親がいると
不思議と子どもは好かれる子になる。
「損をしたくない」が先にたつ親だと
子どもは品格が一段落ちるずるい子になると
子どもを育てているときに感じていた。


もうすぐ18才の男子なんて甘ちゃんであたりまえ。
法に触れるような問題行動を起こすわけではなく
近所の人にあいさつする。
周りから見てると問題児なんて言えない。

今日も出かけるときに近所の人が話しかけたら
スケートに行きますと言っていたそうです。

先回りしないで、一歩ひいて見守るようにしてください。
片目をつぶるくらいでちょうどいい。
と息子たちの中学の保護者会でよく言われました。
おとなりさんも学年は違えど同じ中学に通っていたのだから
きっとそんなふうなアドバイスを受けたと思うんだけど。

‘もう17才なんだから’と言うならば
もうちょっと手を放してあげたらいいのに。
見放すではなく、そっと手を貸してあげればいいのに。
服従させるか冷たく見放すかの二択しかない親の態度は
子どもにはつらいことだと思う。

家庭だけでどうにかするのではなくて
友人とか例えばバイト先の大人とか(まだバイト禁止だわね)
外に委ねる段階じゃないかな




(失敗すると)「だから言ったでしょ!」
「あんたのためにこれだけやってあげてるのに!」
「もっと親を敬いなさい!」

という言葉がとなりからひんぱんに聞こえてくる。
それ、NGワードだよとなんだか暗い気持ちになる。

おとなりへの私からの助言は
「スルースキルをみがくべし」

・・・言わないけどね。
そんな度胸ありません。

子育てが終わって結果が出ている私が
現在進行形で悩んでいる人に何か言うのは
どうしても上から目線になってしまうような気がする。

「笑い声がよく聞こえてうらやましい」
・・・それは私と犬の楽しいひとときで
息子たちはまったく関係ないので
そこだけははっきりさせておきました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。